映画『舞妓はレディ』のテーマは…

 私も観ましたが、昨年、話題になった邦画に京都の架空の花街「下八軒」を舞台にした『舞妓はレディ』という作品がありました。このタイトルは、1950年代にブロードウェイで6年半という超ロングランヒットしたミュージカルで、60年代には、かのオードリー・ヘップバーン主演で映画化もされた『マイ・フェア・レディ』を意識したものです。『マイ・フェア・レディ』は、ロンドンの下町の(訛りがきつい)花売り娘を言語学者の教授が半年で舞踏会でも通用するレディにするべく訓練するというストーリーです。それを『舞妓はレディ』では、同じく言語学者が東北出身で津軽弁と鹿児島弁のバイリンガル?という舞妓志望の少女に京言葉を教え込んで舞妓に仕立て上げていくという設定になっていました。

 しかし、この映画を撮った周防正行監督は、「『マイ・フェア・レディ』は先生が女性を成長させる話だけど、『舞妓はレディ』は街が人を育てる話。そこがこの映画のポイント」と述べておられます(東宝(株)映像事業部発行『舞妓はレディ』公式プログラム:2014年9月13日発行より)。花街の取材を重ねつつ、この企画を20年間温め続けていたという監督です。目の付けどころには納得しました。また、おなじところで「花街では疑似家族のような関係を結んで生活を守っている」とも述べておられます。監督にお読みいただいたのかどうかは分かりませんが、同じことを『京都花街の経営学』(2007年)で私も書いています。

  「街全体が家族みたいなもんどす」。これはある宴席で私が聞いた舞妓さんの言葉です。周防監督もどこかの席でこの言葉をお聞きになったのかもしれません。

『舞妓はレディ』プログラム

『舞妓はレディ』プログラム

あけましておめでとうございます

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
旧年中はひとかたならぬお世話になり、ありがとうございました。
本年も相変わりませず、よろしくお願い申し上げます。

さて、歳も押し詰まった昨年末、シーボルト・コレクションなどで日本とも縁の深いオランダ国立民族学博物館(ライデン市)で開催中の「GEISHA展」を訪れました。(2015年4月6日まで開催中)
私も展覧会の開催に向けて、京都花街の概要に関するインタビューを受け、協力いたしましたので、それを確認に参りました。

画像は自分のインタビュー映像を見る私です。(GEISHA展会場にて:画面の字幕はオランダ語版)

展覧会の内容については、またあらためて本ブログに投稿したいと思います。

Geisha展

Geisha展

「かけはし」(発行/滋賀銀行)7月号で紹介

(株)滋賀銀行、大道頭取に「かけはし」7月号のビジネストークで、京都花街と宝塚歌劇の人材育成の研究を取り上げていただきました。「経営者の方々は、口で″人材育成”を唱えるだけでなく、『制度的叡智』を創りあげてください」と提唱していると、ご紹介いただきました。

20130723かけはし

紀伊國屋書店梅田本店さんで

紀伊國屋書店さんの梅田本店へ出かけました。
旅行、ガイド書コーナーのエンド台(雑誌コーナーから文庫・新書へ抜ける通路)で、
手書きのPOPも添えられて展開していただいております。
早速、お手に取っていただいている方も見受けられて、とてもありがたかったです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年2月2日紀伊国屋書店梅田本店(旅行書のコーナー)

『寄り添う―銀座「クラブ麻衣子」四十年の証』―に寄稿させていただきました

銀座で40年続く一流クラブの「麻衣子」への思いを活字にした一文を寄稿させていただきました。

http://p.tl/XAiv

Amazon.co.jp: 『寄り添う―銀座「クラブ麻衣子」四十年の証』: 雨宮 由未子

名実ともに銀座で一流であり続ける「麻衣子」。その魅力を通じて、銀座が持つ本来の非日常の世界とは何かを著名な経済人、文化人、作家62名が語る。(講談社ビジネスパートナーズ)

『味の手帖』2012年12月号宮内義彦対談にお招きいただきました

『味の手帖』(株式会社 味の手帖 発行:昭和43年創刊・発行部数2万5千部)12月号で、宮内義彦さん(オリックス(株)取締役兼代表執行役会長・グループCEO)と対談させていただきました。
タイトルは、「多様なサポートで守っていきたい京都に残るおもてなしの文化」。
場所は東京平河町の春帆楼でした。

http://www.ajinotecho.co.jp/index.html

http://www.ajinotecho.co.jp/content/bn_list.html