連載第7回目が更新されています

ご紹介が少々遅れました。

経営者・ビジネスマン向け情報提供サイト”Bizコンパス”に連載中のコラム「なぜ今も残る?京都花街の伝統的ビジネスシステム」が更新されました。

今回は第7回目。テーマは、「『一見さんお断り』は、京都花街を支える大事な制度」です。

京都花街と言えば思い起こされるのが、「一見さんお断り」というしきたりです。

が、それは単なるしきたり・慣習ではなく、京都花街が続いてきたうえで重要な意味を有する、合理性を持った「取引制度」なのです。

連載第6回目です

経営者・ビジネスマン向け情報提供サイト”Bizコンパス”に連載中のコラム「なぜ今も残る?京都花街の伝統的ビジネスシステム」が更新されました。

今回は第6回目。テーマは、「京都花街:舞妓さんの学びのサイクル」です。

京都花街での芸舞妓さんの育成プロセスを明らかにしつつ、その「おもてなし」のマネジメントに迫ります。

ご高覧下さいませ。

連載第5回目です

経営者・ビジネスマン向け情報提供サイト”Bizコンパス”に連載中のコラム「なぜ今も残る?京都花街の伝統的ビジネスシステム」が更新されました。

今回は第5回目です。テーマは、「顧客の潜在的ニーズを掴む、京都花街の”座持ち”とは」

京都花街が市場で競争的優位を保つための源泉である「座持ち」という能力を分析していきます。

連載更新しました。第4回目です

経営者・ビジネスマン向け情報提供サイト”Bizコンパス”に連載中のコラム「なぜ今も残る?京都花街の伝統的ビジネスシステム」が更新されました。

今回は第4回目。テーマは、「舞妓さんは街全体で育てる、京都花街の人材育成」です。

ご高覧下さいませ。

Bizコンパスの連載が更新されました

経営者・ビジネスマン向け情報提供サイト”Bizコンパス”に連載中のコラム「なぜ今も残る?京都花街の伝統的ビジネスシステム」が更新されました。

今回は第3回目。テーマは「舞妓さんが京都花街の“最強コンテンツ”である理由」です。

今回は、トップページに「GEISHA展」開催中のライデン民族博物館(オランダ)入口の画像(筆者撮影)を貼りつけていただきました。

GEISHA展開催中のライデン民族博物館

GEISHA展開催中のライデン民族博物館

ご一読いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

新連載コラムが更新されています

経営者・ビジネスマン向け情報提供サイト”Bizコンパス”に連載中のコラム、
「なぜ今も残る?京都花街の伝統的ビジネスシステム」の第2回目がアップされています。

今回のタイトルは、「『おもてなし』を紡ぎだす京都花街はなぜ続くのか?」です。
どうぞ。ご高覧下さいませ。

新しい連載コラムが始まりました

経営者、CIO、ビジネスリーダー、経営に携わる方々にむけた情報提供サイト「Bizコンパス」で新しいコラムの連載が始まっています。

連載のテーマは、「なぜ今も残る?京都花街の伝統的ビジネスシステム」です。

無料の会員登録をすると全文が読めます。

よろしくお願いいたします。

東洋経済ONLINE京都花街に学ぶ「一流の育て方」第9回

連載中の東洋経済 ONLINE 京都花街に学ぶ「一流の育て方」第9回が掲載されました。

OJTの″限界を越える″花街の教え 一流に学ぶOJTの作法(2)

より効果的なOJTを実施するためには、個人の現場での経験を客観視し、行動と結果との因果関係について分析する姿勢が重要になります。
京都花街では、現場での判断基準をあいまいにしないで実践を重ねていく工夫をしています。

 

 

 

東洋経済 ONLINE 京都花街に学ぶ「一流の育て方」第8回

連載中の東洋経済 ONLINE 京都花街に学ぶ「一流の育て方」第8回が掲載されました。

マニュアルで教えられないことを教える方法 一流に学ぶOJTの作法(1)

せっかくの人材が埋もれてしまわないために、大切な「ヒト」の力をきちんと引き出し、伸ばすための「OJTのあり方」について、舞妓さんのOJTを例に分析しています。

東洋経済 ONLINE 京都花街に学ぶ「一流の育て方」第7回

連載中の東洋経済 ONLINE 京都花街に学ぶ「一流の育て方」第7回が掲載されました。

AKB48のビジネスは継続できるか?
AKB48を経営学で考える(下)

AKB48というビジネスは、継続できるのでしょうか?それとも、一過性のブームで終わってしまうのでしょうか?

今回は、継続するためには何が必要なのかを、経営学の視点から考えています。