新刊『舞妓の言葉―京都花街、人育ての極意』

maikos' words
著者の新刊『舞妓の言葉―京都花街、人育ての極意―』が10月19日発売されました。

著者からのメッセージ
いつの時代も若者は、未経験で、未熟で、自信もない。 でも、ひたむきさを持って取り組んでいることを認めてほしいと願っています。

350年続く伝統産業である「京都花街」が、現代の10代半ばの少女たちを舞妓さんというプロフェッショナルに育成できる秘密は、伝統文化や人材育成の仕組みとともに、自分の経験や周囲の関係性を大切にしながら自律的なキャリア形成をうながす、「言葉の力」にもあるのではないかと思います。

『舞妓の言葉―京都花街、人育ての極意』(2012年10月19日、東洋経済新報社より刊行)1,575円(税込)
Amazon.co.jp: 『舞妓の言葉――京都花街、人育ての極意』: 西尾 久美子: 本
http://p.tl/cIj2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.