Bizコンパスの連載が更新されました

経営者・ビジネスマン向け情報提供サイト”Bizコンパス”に連載中のコラム「なぜ今も残る?京都花街の伝統的ビジネスシステム」が更新されました。

今回は第3回目。テーマは「舞妓さんが京都花街の“最強コンテンツ”である理由」です。

今回は、トップページに「GEISHA展」開催中のライデン民族博物館(オランダ)入口の画像(筆者撮影)を貼りつけていただきました。

GEISHA展開催中のライデン民族博物館

GEISHA展開催中のライデン民族博物館

ご一読いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.