『舞妓の言葉』の増刷(第3刷)が決定しました

おかげさまで、『舞妓の言葉』(東洋経済新報社/2011年刊)が第3刷になりました。
1500部増刷なので、合計9500部です。
『京都花街の経営学』(東洋経済新報社/2007年刊)が第8刷で合計20500部ですから、2冊の書籍で合計3万部ということになり、改めて、著者としての責任を感じ、身が引き締まります。

ありがたい数字をいただいたことを糧に、国内研究員の期間、精進したいと思います。

西尾久美子 拝

※増刷の数字を訂正しました。(2015.5.15)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.