納税月報臨時増刊「ふれあい」に寄稿しました

公益財団法人納税協会連合会発行の納税月報臨時増刊「ふれあい」春号に『京都花街から学ぶ経営学』と題してエッセイを寄稿いたしました。
内容は、京都花街が育んできた知恵が企業経営にも役立つことを願いながら、舞妓さん育成の仕組みから、「おもてなしのコーディネーター」といえるお茶屋さんの役割について、さらには花街を支える『制度的叡智』にふれ、最後に人材育成に役立つ「舞妓さんの言葉」をひとつだけご紹介しています。

ふれあい表紙

ふれあい表紙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です