京都をつなぐ無形文化遺産「京・花街の文化」

京都市は、京都に伝わる様々な無形文化遺産を大切に守り、未来に引き継いでいくため、独自の仕組みである「京都をつなぐ無形文化遺産」制度を創設しました。

私、西尾久美子は、「京都をつなぐ無形文化遺産」を選定する審査会の委員として、その選定第2号となる「京・花街の文化-いまも息づく伝統伎芸とおもてなし」についての検討に参画しました。

http://kyo-tsunagu.net/kagai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です